キッチンのお悩み

家計にやさしく、光熱費を節約したい

アルネット企画はお客様の無駄な支出の削減を第一に考えます。
10年後20年後の将来を見据えて、お客様の豊かな暮らしをプロの視点からアドバイスさせて頂いています。

家のお悩み


家計にやさしいキッチンのご紹介

【TOTOキッチンクラッソ】

商品紹介

効率的に水を使う、省エネを考えた新しい生活

【クリナップの節水機能】

商品紹介

クリナップではシステムキッチンに採用している全ての水洗金具が「節水B対応」以上の仕様となっています。
従来型の節水金具の最低流量が6L/分なのに対して、節水B対応の水栓金具は5L/分。
年間にすると約5800L、一日では約16Lの節水となります。

また、水と湯の境のクリック感で、水と湯をきちんと使い分けることができます。そのため、従来のシングルレバー混合栓と比べて、光熱費使用量を年平均で約41%カットできます。

商品紹介

しばらくさぼって放置してしまったシンクの汚れ。これを落とすのにも意外と水量が必要です。
そこで、着色した油をシンク全体に塗り、従来のシンクと美・サイレントシンクでは、どれだけキレイにするための水量が違うかを比較。
美コート(親水性のセラミック系特殊コーティング)を施した美・サイレントシンクは、従来のシンクより約1/3の水量で汚れが落ちるという、清掃性の高さが実証されました。

商品紹介

食器洗浄乾燥器で節水と時間を有効活用

約40点の食器を手洗いすると、約75Lの水が必要になります。これに対して、同じ条件で最新の食器洗い乾燥機を使うと約10L程度で済み、約65Lもの節水が可能となります。
水を節約できる上、食器洗いの手間や時間も節約。
さらに手洗いでは真似のできない高温洗浄で洗い上がりもキレイな食器洗い乾燥機は、キッチンの必須機器となりつつあります。

お問い合わせ