内装・外装のお悩み

屋根のメンテナンスってどうしたらいいの?

下の写真のようなコロニアル屋根は一番耐久年数が短く、10年ごとのメンテナンスが必要です。
ここまで劣化してしまうと、屋根がボロボロの状態になり、早急にメンテナンスが必要になります。

しかし、悪質な施工業者は天井に通気が全くない状態にしてしまうことがあり、その場合、屋根裏が腐ってしまう場合もありますので、業者の見極めが大切になります。

屋根は家を守る非常に大切な部分です。
キレイで構造材も湿気などで腐っていなければ、家も住む人も健康でいることが出来ます。

屋根で心配な点やお困り事がありましたらアルネットまでお問い合わせ下さい。

家のお悩み

お問い合わせ